便秘が酷ければ浣腸を使う人も少なくないのではないかと思います。便秘に苦しんでお腹が痛くなったり他にも症状がみられてきた場合には浣腸が便秘解消に効果的なんです。まず便秘解消のために浣腸を使うたまには、浣腸を40度くらいのお湯で温めてから使います。そしてトイレにすわって浣腸の先を少し濡らします。そして力を抜いてリラックスしながら肛門に浣腸を入れます。便秘解消の為に浣腸を入れてからは出ないようにトイレットペーパーなどで抑えて大体3分くらい待ってください。 座薬を便秘解消のために使う場合には、座薬を体温くらいに温めてからたって片手で座薬をいれるといいですね。便秘の解消に浣腸や座薬を使うという方法がありますねが、あくまでも最終手段だと思ったほうがいいかもしれませんね。浣腸や座薬は習慣性が付いてしまったら言う事もよく聞きますので食生活や生活面を見直してもそれでも便秘が解消されない場合や、便秘によってなんらかの症状が出て辛いときなどに便秘の解消方法としての浣腸や座薬を利用してみるほうがいいかもしれませんね。癖づくと自分で便秘を自然に改善される事が出来なくなるになるのですから、出来るだけ自然に便秘を解消させるためにも、浣腸や座薬の使いすぎには注意して下さいね。